フラワー電報のメリット

胡蝶蘭日本では結婚式やお葬式などには電報を送る習慣があります。また電報の他に花を贈ることもあります。お祝いの気持を表す花と、おくやみを表す花があり、また結婚記念日や敬老の日などにもお花を贈ります。お花のプレゼントは、誰にでも喜ばれ嫌がる人はあまりいません。そんなお花に電報がプラスされれば、もらった方の気持もうれしさ倍増するはず。現代は携帯やパソコンのメールなどで、簡単にメッセージを贈れる時代です。でもやっぱり電報が届くと、特別感があるのではないでしょうか。そしてそんな電報と美しい花のプレゼントが贈られてきたら、やっぱり嬉しい気持になってくれるはずです。

例えば合格祝い、入学祝い、結婚祝いなどには電報と一緒に大きな花束や、美しい胡蝶蘭もおすすめです。また胡蝶蘭の場合は、お悔やみにも利用されています。他にもそのときそのときにあった花束などが選べるようになっているので、ケースバイケースで花を選ぶようにしましょう。またプリザーブドフラワーはそのままの状態でずっと保存できるので良い記念になります。

しかし逆にあまりかたちに残さない方がいい場合は、生の花がおすすめです。例えば引越祝いなどは、ずっと置物のように取っておけるブリザーブドフラワーは、もらった方にとっては迷惑かもしれません。そんなときこそ生の花が大いに役立つのです。このようにいろいろなタイプのフラワーを選ぶことがきるところもフラワー電報のメリットです。