お祝いに迷ったら

お花お祝いのプレゼントはとても難しいものがあります。本当に心の通じ合った友だちであれば、何が欲しいか、逆に何はそんなに欲しくないなどが分かりますが、あまり相手のことを知らない場合や、年代の違いなどによってなかなか何が喜ばれるか分からないことも。そんなときには必ず喜んでもらえるのがお花のプレゼントではないでしょうか。そこでメッセージを加えたお花のプレゼントがおすすめです。お花は誰もの心を和ましてくれます。

そんなときにメッセージと一緒に送られるフラワー電報はいかがでしょう。電報をプラスするならNTTのフラワー電報があります。電報なので、朝注文すれば夕方には届くことができるのです。また前もって分かっているなら、他のフラワー電報業者もたくさんあります。おしゃれで個性的なボックスフラワーや、さまざまな加工フラワーなど専門の業者もあり、電報と同じようにメッセージを付けることのできるので、プレゼントに上手に利用しましょう。

相手の顔を思い出しながら、その人にピッタリの花束や、鉢植え花、加工花を探して贈ればきっと喜んでもらえるはずです。価格も3000円以下から2万円、3万円、5万円などさまざま。種類も業者によってそれぞれの個性があるので、いろいろチェックして選びましょう。


お悔やみにもお勧め

フラワー電報は最近多くの人が、利用するようになってきたと言われていますが、電報といえば押し花電報を思い浮かべる人もいるかも知れません。NTTでは押し花電報と並んで、フラワー電報の利用ができるようになっています。また他の業者による、フラワーメッセージも人気があります。NTTで行っているフラワー電報はカタログから選んだ花に電報がセットとなり、相手に届きます。またNTTでなくても、同じようなフラワー電報を扱っているところもあり、特に花を扱う業者によるものが多く、ネットにはいろいろなフラワー電報の業者が載っています。その場合は電報と言っても、実はメッセージが添えられたものがほとんどです。

箱一方本家本元のNTTのフラワー電報は、朝8時から正午までに申し込むと、当日夕方までのお届けもOKです。また正午~17時までの申し込みなら翌日には届きます。17時~19時の申し込みなら翌日午後には届きます。このスピーディーさがNTTのフラワー電報の魅力

結婚式のように前もって分かっている場合は、気に入ったフラワー電報業者の商品もおすすめですが、やはりお悔やみの場合は突然のことも多く、すぐにお花と電報を贈れるNTTのフラワー電報は、やはり利用価値の高い便利なシステムではないでしょうか。


フラワー電報のメリット

胡蝶蘭日本では結婚式やお葬式などには電報を送る習慣があります。また電報の他に花を贈ることもあります。お祝いの気持を表す花と、おくやみを表す花があり、また結婚記念日や敬老の日などにもお花を贈ります。お花のプレゼントは、誰にでも喜ばれ嫌がる人はあまりいません。そんなお花に電報がプラスされれば、もらった方の気持もうれしさ倍増するはず。現代は携帯やパソコンのメールなどで、簡単にメッセージを贈れる時代です。でもやっぱり電報が届くと、特別感があるのではないでしょうか。そしてそんな電報と美しい花のプレゼントが贈られてきたら、やっぱり嬉しい気持になってくれるはずです。

例えば合格祝い、入学祝い、結婚祝いなどには電報と一緒に大きな花束や、美しい胡蝶蘭もおすすめです。また胡蝶蘭の場合は、お悔やみにも利用されています。他にもそのときそのときにあった花束などが選べるようになっているので、ケースバイケースで花を選ぶようにしましょう。またプリザーブドフラワーはそのままの状態でずっと保存できるので良い記念になります。

しかし逆にあまりかたちに残さない方がいい場合は、生の花がおすすめです。例えば引越祝いなどは、ずっと置物のように取っておけるブリザーブドフラワーは、もらった方にとっては迷惑かもしれません。そんなときこそ生の花が大いに役立つのです。このようにいろいろなタイプのフラワーを選ぶことがきるところもフラワー電報のメリットです。